初めての、漢方体験

実は去年、クマが怪我をしてケージ生活になって、一週間ぐらいしたら、そのストレスで、私が不眠症になってしまいました。
寝つきはそれほど悪くはないんですが、寝ている間に、しょっちゅう目が覚めるんですよね。ひどい時には30分おきとか。一晩に10回ぐらい目が覚めたりして。
眠っている間に休めないので、疲れも取れないし、体力も気力も、ダウン。

c0035816_1946175.jpg← 何とかしなきゃ、と行った漢方の先生のところで処方された、人生初の漢方薬(生薬)。
全部で確か16種類(かな)の生薬を、専用のポットで、ことことと煮詰めます。
湯飲みに一杯を、一日二回。
はちみつが入っているので、多少は甘みがあるんですが、それでも初日には、苦いのなんの!
こんなの飲めるか!と本気で思いましたよ。
でも不思議なもので、すぐに慣れちゃうんですね。3日目ぐらいには、けっこうおいしいかも、なんて。(笑)
とりあえず一週間飲んで、でも漢方薬って、すぐに効き目が現れるものではないし。
続けようかとも思ったんですが、この中国人の先生が、英語があまりできなくて、コミュニケーションがものすごく大変だったんですよ。
なので、薬がなくなったところで、別の先生のクリニックに、代えてしまいました。
そのクリニックでは、主に鍼をしてもらって、補助的に出された漢方薬は錠剤だったので、飲みやすかった~!
3週間ぐらい続けたら、かなり効き目が現れて、夜中に目が覚める回数も、2,3回に減りました。そして予想通り、クマのケージ生活(=私の軟禁生活)が終わったら、不眠症も完全に治って、めでたし、めでたし。

体調的には、大変ではあったんですが、漢方薬(生薬)と鍼は、とても良い経験になりました。私の勉強にも役立ったし、まぁ、結果オーライですね。
[PR]
by kazinvic | 2009-01-21 20:29 | 食べ物のこと
<< 36℃でした! 呼び戻しの練習 >>