カテゴリ:家のこと( 6 )

プレゼントのリクエスト

高三の生徒さん。あと4週間ぐらいで、試験が終わります。
先週、レッスンが終わって帰り際に、
生徒 「あと1ヶ月ぐらいで、この受験勉強も終わるんですよね。」
私   「ほんと、あと少しだね。良かったね。」
生徒 「全然良くないですよ。」
私   「どうして?」
生徒 「だって、終わっちゃったら、もうここへ来れなくなりますから。
    ここへ来るのは本当に楽しかったですから、来れなくなったら寂しくなります。」

同じ生徒さん、今週のレッスンの帰り際に、
生徒 「先生、一番好きなものは何ですか。」
私   「え、好きなもの? う~ん、いろいろあるからなぁ、、、」
生徒 「じゃ、欲しいものは?」
私   「どうして?」
生徒 「先生には一年も教えてもらったから、何かプレゼントしたいんです。」

かわいいですねぇ、ほんとに。

欲しいものを来週までに考えておくように頼まれたんですが、さて、何をリクエストしようかな。高校生のお小遣いで買えるような、しかも思い出に残るようなもの。
欲しいものが思い浮かびません。 う~ん、困った~、、、。
[PR]
by kazinvic | 2009-10-20 21:14 | 家のこと

収納ユニット

古くなって一部はがれてきた本棚二つと戸棚を処分して、そこに新しい収納ユニットを置くことにしました。
c0035816_222872.jpgおととい買ってきたんですが、自分たちで組み立てなければならないので、できるまでちょっと時間がかかりそう。
まだ箱に入ったまま、積み重ねてあります。
来週中には、完成するかな?
c0035816_22283189.jpg

[PR]
by kazinvic | 2009-08-15 22:32 | 家のこと

藤城清治の絵と、カレンダー

c0035816_20374460.jpg← 今年、私の机の前に掛けてある、カレンダーは、これ。
日本から姉が送ってくれたものです。

ご存知ですか、藤城清治。
私、この人の、影絵風の絵、好きなんですよね。
とてもメルヘンチックで、夢があって、見ていると、そのまま、すっと吸い込まれていくような感じ。

昔から好きで、何冊か持っていた絵本も、こちらに持ってきています。
この人の絵も、三枚あるんですよ~。
もう3、4年前になりますが、彼の絵を売りたいという広告を、こちらの日本語情報誌の掲示板で見つけたのです。
c0035816_20281994.jpg早速連絡して見せてもらったら、一目で気に入ってしまって、即購入。
それが、→ と ↓ の写真のです。
フラッシュを使えないので、ちょっとぼけてしまいましたが、ご勘弁を。。。
しかも ↓ の左側の絵は、正面のブラインドが映ってしまっていますが。

このメルボルンで、藤城清治の絵を持っている人がいて、たまたま手放したいと思っていて、その広告を載せた直後(10分ぐらい後)に私の目に触れた。
これって、もしかして、奇跡に近い確率なんじゃないでしょうか。
おそらくこの絵は、私の元に来るべくして来たと、なんだかそんな気もします。
ま、考えすぎかもしれませんけどね。(笑)
c0035816_20285187.jpg

[PR]
by kazinvic | 2008-01-03 21:10 | 家のこと

薔薇、一輪

c0035816_20241155.jpg日本にいた時は、特に日本的なものが好き、というわけではなかったんですが、海外に長いこと住んでいると、なぜか、日本的なものに心惹かれたりするんですよね。
ま、無いものねだり、なんでしょうけど。

こんな風に、障子ふうのついたてに、木のコーヒーテーブルだけでも、何となく、ホッと感じたりします。

ちょっとお花を飾りたくなった時に、お店で買うのではなく、庭から取って来れるというのに、ずっと憧れていたものです。
自分の庭に、いつでも何かしらの花が咲いているって、考えてみれば、贅沢なのかもしれませんね。
[PR]
by kazinvic | 2007-05-24 20:53 | 家のこと

ダクトを使ったシステムいろいろ

c0035816_11342870.jpg
今の家を建てていたとき、毎週のように見に来て、進み具合を楽しみにしていました。
あるとき気がついたのは、屋根裏に巡らされた、たくさんのダクト。
我が家には三種類のダクトが屋根裏や壁の間を這っています。

c0035816_11421893.jpgまずはダクトヒーター。屋根裏に本体があり、ガスの種火が点いている。
スイッチを入れると暖められた空気がダクトを通って、写真のダクト口から出てくるしくみ。
どこかにサーモメーターがあって、温度の調節をしています。

次はダクトクーリング。屋根の上に四角い箱の本体があります。説明が難しんだけど、水浸しの

c0035816_11514894.jpgパッドがあって、その上を流れる空気が水で冷やされて、このダクト口から家の中に。水は常に循環していて、暖かくなった水が排出されて水量が減ると、自動的に補給されます。
今は冬なので暖かい空気を逃がさないよう、このダクト口は閉じてあります。
オーストラリアは湿度が低いので、除湿するエアコンは必要ないというか、逆に、水の上を通って湿気を含む空気が出てくるこのシステムの方が多いです。もちろんエアコンのある家もあるけど。

c0035816_12172233.jpgもう一つは、ダクトバキューム。掃除機ですね。壁にある口にホースをつなげると、自動的にスタートし、吸われたほこりはダクトを通って、ガレージの中にある本体へ。口は家の中に四ヶ所あり、ホースは9mあるので、十分カバーできます。掃除機を引っ張って歩かなくてもいいので、とっても楽。こういうシステムってアメリカ辺りから来たのかと思っていたけど、アメリカでホームステイしていた姪が「アメリカにはそんなものなかったよ」ですって。オーストラリアの発明?まさかね。
[PR]
by kazinvic | 2005-07-16 11:34 | 家のこと

新しいソファ

c0035816_18223938.jpg新しいソファが来た! 
考えてみたら、ソファを買ったのは初めてだった。
最初に使っていたソファは、知人が捨てると言うのを、ただで貰ってきた。次のは、義姉が要らないと言うのを、やはりただで貰った。どちらももともと古かったので、何年も使っているうちに生地が擦り切れて、ところどころ中身が見えるようになってきた。生地を張り替え、スプリングを新しくして直すか、新しいのを買うか。。。
結局、好みの形、大きさのものを買うことにした。
注文して四週間と言われたが、二週間で届いた。とっても快適! 
唯一の難点は、レイディの毛が付くと目立つと言うことぐらいだ。
[PR]
by kazinvic | 2005-03-09 17:10 | 家のこと