カテゴリ:日本滞在記2007( 18 )

キバタン(Cockatoo)

c0035816_21301053.jpg今朝、ちょっと出かけて、スーパーの駐車場に停めたら、なにやら、頭の上でガサゴソと音がします。見上げたら、木の上で、コカトゥー(和名キバタン)が、朝食中。
c0035816_21305290.jpg近くで見ると、けっこうかわいい顔してますよね。
でも、鳴き声は、ものすごいんですよ~。
前の家に住んでた時は、早朝に、何度この声に起こされたことか。ギャーギャーと、ものすごい声を上げながら家の上を飛ばれたら、嫌でも目が覚めてしまいます。

↓ ふと後ろを振り返ると、地面にも、いっぱい!
さっきネットで調べたら、日本では一羽50万円ぐらいするんですって。
木の上と地面で20羽ぐらいいたから、1000万だ~!
c0035816_21313625.jpg

(動画も撮ったんですが、なぜかアップができないので、明日また挑戦します。メールもおかしいから、たぶんプロバイダーの問題かも。)
[PR]
by kazinvic | 2008-03-01 21:47 | 日本滞在記2007

日本といえば、、、

c0035816_2183719.jpg
日本滞在、最後の3日間は、母と姉と三人で、箱根の温泉へ行きました。
母が手配してくれたホテルは、とっても素晴らしかったです!
まず、お風呂。大浴場と露天風呂(男女別)があったので、迷わず、露天風呂へ。
↑は、露天風呂の中から見た富士山です。最高のロケーションでしょ。しかも、昼過ぎから午後5時半頃まで、露天風呂の中で、日本酒の無料サービスがあるんです。
露天風呂に浸かって、正面に富士山を見ながら、お酒を飲んで。
あ~、極楽! ほんと、日本へ来て良かった~!!
加えて、夕食は、会席料理かフランス料理のフルコース。どちらもおいしかったです。

c0035816_21151461.jpg二日目は、芦ノ湖で海賊船に乗ったり、ガラスの森美術館へ行ったりしました。ガラスの森美術館は、たくさんのガラス細工の展示や、ショップや、体験工房などもあり、庭には大きなツリーなどのオブジェ(もちろんガラス製)もあって、と~っても素敵でした。
ここ、お勧めですよ♪
あ、寄木細工(ご存じない方はこちら)のお店で、前から欲しかった素敵なティッシュケースを買ってもらったり。
私、この寄木細工が好きなんですよ。実は、友だちに頂いたプレゼントの携帯ストラップも、寄木細工ので、感激でした。
三日目は、大涌谷へ。(←)
ここは、火山の蒸気とガスが、いつも噴き出しています。というより、穴を開けて、噴き出させているんですね。でないと、その圧力で、山が噴火してしまいますから。
ここに来ると、いつも思います。人間なんて、本当にちっぽけなものだなぁって。
自然の力は、すごいです。
[PR]
by kazinvic | 2007-12-26 21:54 | 日本滞在記2007

日本で一番印象的だったこと

日本へ行った人に、一番よくする質問は、これでしょうか。
「日本で、一番印象に残ったのは、何ですか?」
私も、よく生徒に聞いては、返ってくる答えに、へぇ、なるほど~、と楽しんでいます。

今回、初めて日本へ行った夫が、一番印象に残ったのは、「便利さ」だそうです。
これには、夫だけでなく、私も同感。

例えば、旅行中にあちこちでホテルに泊まったんですが、どこのホテルでも、歩いて10分以内に、コンビニが2軒以上あるんですよ。
いや、ほんと、コンビニってすごいですね。いろいろなものがあって、いつも、端から端まで見ては、感心していました。
100円ショップも、大好き♪ えっ、これも100円?って思うような、安くて便利な物がたくさんあって、何時間でも過ごせます。(笑)
それに、いろいろな種類のお店や食べ物やさん(レストラン、カフェ、ファーストフードなど)が、至るところにあること。
宅急便で時間指定ができたり、居酒屋でのオーダーのシステムなどのサービスの良さ、これも便利さに貢献してますね。あ、もちろん、自動販売機も。

夫は、一度、日本での便利さやサービスの良さを経験してしまったので、こちらの不便さやサービスの悪さが、とても目に付くようになったそうです。
オーストラリア人の夫でさえ、そう言うのですから、日本で生まれ育った人がこちらに来て、ショックを受けるのも、まぁ、当然ですよね。

じゃ、どうしてこちらでは不便なのか、と考えると、やはり、人口密度の圧倒的な違いではないでしょうか。
何しろ、日本の約21倍の国土に、人口はわずか2000万人ぐらい。
これでは、同業種のお店がたくさんあったら、お客さんが少なくてつぶれてしまうし、競争がないからサービスも良くならないのですよね。
「便利だけど、窮屈で忙しい日本」と、「不便だけど広くてのんびりしたオーストラリア」の、両方の良いところだけを取れればいいけど、実際にはそうはいかなくて、どちらか一つしか選べないのだから、これはもう、諦めるしかないのでしょう。
ねぇ、夫、あまりにも、不便さに嫌気がさしたら、また日本へ遊びに行こうよ!
[PR]
by kazinvic | 2007-12-23 21:22 | 日本滞在記2007

我が懐かしの、、、

今回日本で、ぜひ行きたかったところの一つが、ここです。
もっとも、この写真を見ても、ほとんどの方には、お分かりにならないでしょうけど。(笑)
ここは、そのむかし、私が通っていた高校なんです。
c0035816_20514576.jpg大好きだったなぁ、この学校。
今は分かりませんが、当時は、校則がありませんでした。
何をしても良い代わり、その結果は自分の責任。
「自由」と「責任」を、言葉ではなく実践で、教わりました。
そして何よりも、先生と生徒が、お互いに信頼しあっていたと思います。
この学校で学ぶことができて、本当に幸運だったし、今でも誇りに思っています。

さて、なぜ今回行きたかったかというと、実は来年、この高校はなくなってしまうのです。
少子化の影響だろうと思うのですが、私の出身県では県立高校の統廃合が進んでいて、ここも来年、他の高校と統合されて、移転し、新しい高校として再出発します。
なので、学校がなくなる前にぜひもう一度、自分の目で見ておきたい、と思っていたわけです。

いやぁ、懐かしかった~!
素敵な友だちや、先輩や、先生に囲まれて、本当に素晴らしい学生時代をすごしていたんだなぁ、と感慨も一入でした。
校舎はなくなっても、この教育精神は、新高校にも受け継がれていって欲しいものです。
[PR]
by kazinvic | 2007-12-20 21:50 | 日本滞在記2007

奈良で

奈良では、春日大社の参道で鹿に襲われたり(!)、東大寺の大仏の予想以上の大きさに驚いたり(夫が)。
ちょうど七五三の時期だったので、小さな子供たちの可愛い着物姿をたくさん見ることができたのも、夫にとってはラッキーでした。

でも、一番印象に残っているのは、これ。
よもぎ餅やさん(というのかな?)の店頭で、餅つきをしていたんです。
最初はこんな感じで、私にとっては特に珍しいというわけでもないんですが、

その後が、すごい! ハラハラしちゃいましたが、さすが、としか言いようがないですね。


c0035816_1942173.jpgもう一つ、おもしろかったのが、これ。
法隆寺駅のホームにあるベンチシートなんですけど、全部のシートに、クッションが置いてあるんです。
しかも、手編みのカバー付き。
何だか、地元の人の温かさが感じられて、ほっと和みました。
いいなぁ、こういうの。
[PR]
by kazinvic | 2007-12-16 19:49 | 日本滞在記2007

姫路城と桜

春の姫路城です。お城と桜って、なぜかとても似合いますよね~。
c0035816_2041682.jpg
春というのはウソで、実際は、秋の姫路城です。
でも桜は本物。「十月桜」といって、コヒガンザクラの園芸種で、春と秋の二回、咲くのだそうです。秋に咲く桜なんて初めて見ましたが、とてもきれいですね。

c0035816_20413979.jpg「一枚、二枚、、、一枚足りない、、、」という怪談は有名ですが、姫路城が舞台だったって知ってました?
いや、私は知らなかったんですけどね。
で、お菊が投げ込まれた井戸というのが、これ。
井戸というからにはもっと小さいのかと思ったら、かなり大きいです。
考えてみたら、こんなに大きなお城の生活に必要な水をまかなうのですから、大きくて当たり前ですよね。
[PR]
by kazinvic | 2007-12-13 21:17 | 日本滞在記2007

宮島から、姫路へ

ここも夫のリクエストだったのですが、実は私も行ったことがなくて、一度行ってみたいと思っていたんです。
日本で最も美しい城の一つと言われているだけあって、本当にきれいでした、姫路城。

c0035816_21505194.jpg天守閣のてっぺんまで登れるんですが、階段が、とても狭くて急なんです。
昔の人は、袴や着物を着て、この階段を登ったんですよね。
すごいなぁ。
大変だったでしょうねぇ。
はい、私も登りました~! 
ふぅ、疲れた~。。。

c0035816_21513649.jpg姫路城の、すぐ隣にある庭園です。
ここは人も少なくて、とっても静かで落ち着いた感じでした。
紅葉の見頃には、まだちょっと早かったんですが、それでも、ちらほらと色が付いていました。

こういう風景は、やっぱり、ホッとしますね。

c0035816_21521261.jpg真っ赤な紅葉もきれいですが、紅く染まり始めたばかりの葉っぱも、なかなか風情があって、素敵だと思いませんか?
今はまだ緑の葉っぱも、これからどんどんと、紅く色づいていくのでしょうね。
[PR]
by kazinvic | 2007-12-12 22:15 | 日本滞在記2007

日本滞在記 宮島

c0035816_194413100.jpg「ここは絶対に行きたい!」と夫があげた中の一つが、宮島でした。
海の中にある、この赤い鳥居に、ず~っと憧れていたんだそうです。
本当は、満潮の時に見せてあげたかったんですが、ま、しょうがない。
それでも感激してましたから、良かった~!


c0035816_1945147.jpg島の中で、こんなに日本的な結婚式に遭いました。
式か披露宴の後で、人力車に乗って、厳島神社に行くのでしょうか。
こういうのは、見たくてもなかなか見られるものではないので、とてもラッキーでした。


帰りのフェリーでは、ちょうど良いタイミングで、瀬戸内海に沈む夕陽を見ることができました。ふと頭に浮かんできたのは、「瀬戸の花嫁」。あ、年がばれちゃうって!
c0035816_19454621.jpg

[PR]
by kazinvic | 2007-12-10 20:07 | 日本滞在記2007

京都、嵐山

ネットで京都での宿泊先を探していたら、一軒、とても良さそうな所が見つかりました。
値段もそこそこ、一日に一組しか受けないので貸切状態、別料金で精進料理の夕食を出してくれる、朝食もおいしい、口コミランキングでは全員が満点を付けている、ということで決めたのが、嵐山にある民宿です。
そういえば、京都には何度か行ったけど、嵐山は初めてでした。

朝早く(といっても6時半ごろ)に、部屋から外を見ると、山の上のほうに靄がかかっていて、とても幻想的で素敵でした。
c0035816_2244813.jpg

嵐山と渡月橋。
紅葉が始まったばかりで、あと一週間ぐらい後だったら、きっと見事だったでしょうね。
c0035816_2252945.jpg

川面に移る景色も、なかなか良いものですね。
c0035816_226145.jpg

c0035816_22295226.jpgそしてこれが、夕食の精進料理。
有機栽培の野菜だけを使って、もちろんすべて手作り。
本格的な精進料理って、もしかしたら初めて食べたかも。と~ってもおいしかったです♪
[PR]
by kazinvic | 2007-12-08 22:34 | 日本滞在記2007

みなとみらいの夜景

このホテルの部屋にはバルコニーがあって、そこから見た夜景は、もう、綺麗としか言いようがなく、ずっと見入ってしまいました。
メルボルンは小さな町だし、特に私が住んでいる辺りには、高いビルもなくて、夜景とは程遠いところです。
なので、このホテルからの夜景には、軽いカルチャーショックを覚えたりして。(笑)
そうだよね、これが都会の夜景なんだよね~。横浜って、すごいなぁ!
な~んて思ってしまった私って、もうすっかりオーストラリア人化してるのかも。


[PR]
by kazinvic | 2007-12-06 19:46 | 日本滞在記2007