ピンクの象

c0035816_20184366.jpgこのグラス、かわいいでしょう!
夫が来週から働くことになっているレストラン、現在改装中なんですが、数週間前に見に行った時、前のオーナーがc0035816_2023357.jpg
置いていったというグラス類が、たくさんあったんです。
欲しかったらあげるよ、と言われ、このピンクの象がかわいいグラスを、一箱(6客)もらってきました。

幻影が見えるほど酔った時、最初に見える幻影は、ピンクの象なんだそうです。
なので、ピンクの象は、酔っていることの代名詞。
自分のことや、相手に直接使うこともできますが、普通は、第三者に対して使います。

He is seeing pink elephants. (あいつ、ベロベロに酔ってるよ)

ちなみに、このグラスに書いてある言葉は、DELIRIUMとtremens。
どちらもラテン語で、deliriumは幻影、tremensはアルコールに等による震え、という意味だそうです。

これからしばらくは、パーティの季節。
お酒を楽しむのは良いけど、ピンクの象が見えるほど、飲み過ぎないよう、みなさま、気をつけましょう!
[PR]
by kazinvic | 2005-11-27 20:59 | 英語
<< ホテル・ルワンダ レイディの健康診断 >>